薄毛 育毛 睡眠

育毛剤ランキング

育毛剤.jp» ブログ» ”質のいい髪”を作るのに不可欠な”質のいい睡眠”とは?

ブログ

”質のいい髪”を作るのに不可欠な”質のいい睡眠”とは?

こんにちは。

毎日暑い日が続いて夜も寝苦しくなってきましたね。
一晩中エアコンをつけっぱなしというのも考えモノですが、朝までいい気分で寝ていたいものです。

さて、今回のブログの内容は、男女問わずに関係してくるものです。
「質のいい髪」を作るには何が必要か?

もちろん、1つだけが正解ではないでしょう。ただ、これだけは絶対に必要と言えるのは・・・・”睡眠”です。

それも”質のいい睡眠”

睡眠には、ノンレム睡眠とレム睡眠があるのはすでにご存知かと思います。ノンレム睡眠は深い眠り、レム睡眠は浅い眠りと言われています。寝ている間には、その2種類の睡眠が波のように交互におとずれているそうです。

深い眠りだからノンレム睡眠のだけの方が良いのか?と思ってしまいますが、そうではありません。ノンレム睡眠とレム睡眠が一定の間隔で交互におとずれるのが”質のいい睡眠”なんですね。

とはいえ、髪にとってはノンレム睡眠が重要です。しかも寝始めた最初の90分。この時に、1日のうちの約70%もの成長ホルモンが分泌され、髪を作ってくれます。
成長ホルモンの分泌がピークとなる20歳ごろに比べて30歳を超えたころからは成長ホルモン自体が半分以下にまで減少してしまいますので、この時間は、育毛生活にとってはとても大切な時間と言えます。

では”質のいい睡眠”をとるためにはどうすれば良いのでしょうか?

いくつかポイントがあります。

【1 ● 夜12時までには布団に入る】
毛根の細胞分裂が活発になるのは午後9時頃と意外に早く、その後、髪が最も成長するのが午後10時~午前2時頃です。この時間に起きていた場合、成長ホルモンの分泌が悪くなり、髪の成長も妨げてしまいます。

【2 ● 最低6時間は眠る】
質のいい睡眠をとるためには、生活リズムを整える必要もあります。時間的に十分な睡眠をとることで、ノンレム睡眠とレム睡眠の移行もスムーズになります。

【3 ● 寝る2時間前までに入浴を済ます】
入浴してすぐに布団に入る人が多いかと思いますが、入浴した後は交感神経が刺激されるために体温が上がってしまいます。なかなか寝付けないという人は、入浴の時間を早めてみましょう。

【4 ● アルコールやカフェインはほどほどに】
寝る前のタバコ・アルコール・カフェインなどは睡眠の質をさげるのでほどほどにしましょう。

質のいい睡眠をしっかりとって、質のいい髪を育てたいものですね。

【記事情報】カテゴリー: 薄毛の改善法,ブログ | 投稿日: 2012年7月27日(金)

関連記事

抜け毛・薄毛のQ&A

ブブカ BUBKA 開発者に直撃インタビュー

チャップアップ CHAP UP 開発者に直撃インタビュー

ポリピュアEX!開発責任者に直撃インタビュー

AGAクリニック特集