薄毛 原因 洗髪

育毛剤ランキング

育毛剤.jp» ブログ» 薄毛の原因は髪の洗いすぎ?

ブログ

薄毛の原因は髪の洗いすぎ?

こんにちは。

今日は、脱毛原因についてお話したいと思います。

脱毛原因のひとつとして、「髪をひんぱんに洗いすぎている」という点があげられることがあります。
なぜこのようなことが言われるのでしょうか?もちろん、洗髪を必要以上に繰り返すと、髪の毛自体は傷みます。

しかし実は・・・脱毛との直接的な関係はないのです。

まず、髪の毛の傷みについて説明しますが、現代の日本人はほとんどの人がカラーやパーマまたは脱色などを繰り返しています。カラーやパーマは髪の毛根に非常に大きなダメージを与えます。脱色のダメージはそれ以上です。

そのように傷むことが普通になってしまった現代では、従来からのリンスの成分だけでは髪のダメージを改善させることはできないことは想像できるかと思います。ダメージ用のコンディショナーやトリートメントの種類が増えてきたのもそのためだと言えます。

さて、本題に戻りますが、髪を洗うことで、日頃から頭皮を清潔な状態に保つのは、育毛の観点からしても悪いことではありません。

問題は、洗い方にあります。カユミやフケが気になるとどうしても、洗浄力の強いシャンプーを選んでしまったり、ツメを立てて洗ってしまうことも多いかと思います。
洗浄力の強いシャンプーやツメを立てた洗い方は、確かにフケがなくなりスッキリしますが、それは一時的なもので、実は逆効果となりフケが出やすい頭皮環境を作り出してしまうのです。

そもそも人間の頭皮というのは、刺激を受けて皮膚の細胞が傷つくと、それを修復しようとする働きがあります。その結果、増殖された皮膚の細胞が剥がれ落ちフケになるのです。
頭皮の洗い方の基本は、”絶対にツメを立てずに指の腹で洗うこと”それが難しければ、専用の洗髪ブラシなどを使っても良いでしょう。

「髪を洗うのは月に1度で充分」

このような考えを持つ皮膚科医もいるそうです。
確かに、頭皮のターンオーバーは28日周期なので、その間に刺激を受けると髪の傷みの原因になるので、できるだけ刺激を受けないようにというのは間違っているわけでもありませんが、ニオイなどの他の問題が発生するのでおすすめはできません。

ただ、刺激を与えると頭皮や髪の傷みにつながるということは頭に入れて置いて、洗髪の仕方や回数を加減してみてはいかがでしょうか?

【記事情報】カテゴリー: 薄毛の原因,ブログ | 投稿日: 2012年3月6日(火)

関連記事

抜け毛・薄毛のQ&A

ブブカ BUBKA 開発者に直撃インタビュー

チャップアップ CHAP UP 開発者に直撃インタビュー

ポリピュアEX!開発責任者に直撃インタビュー

AGAクリニック特集